日本の「新会社法」の特徴

旧会社法との変更点は?

日本の「新会社法」施行と旧会社法との変更点は?

新「会社法」の施行!起業しやすさでチャンス!

日本に新たな「会社法」が施行されています。
それまで商法をはじめ、会社形態ごとに分散していた法律が一本化されただけでなく、起業の促進を図る目的で、会社設立における各種規制も大幅に緩和されました。

◆それまで最低1000万円以上必要だった資本金の制度が撤廃
◆取締役の必要人数が1人以上、つまりたった1人でも株式会社が作れるようになった

など、事前に資金や人員を用意する手間が省けたことで、新規設立におけるハードルは相当低くなったとされています。





新会社法の旧会社法からの主な変更点とは!

最低資本金制度(株式会社:1000万円以上、有限会社:300万円以上)の撤廃!
法律の本質は「制度の撤廃」なのですが、現状では「最低資本金が1円以上に変更された」という解釈が一般的となっています。
『1円起業』という言葉が生まれるきっかけにもなった変更点です。
これは、起業する上で大きなメリットとなります。


「類似商号調査」の省略
かつては同じ市区町村内において、同じ営業目的を持つ企業と同じあるいは類似の商号は登記できないという規制がありました。
このため、設立手続きの際には法務局において、同一・類似称号の有無を調べる「類似商号調査」が行われていました。
相当な時間を要する調査であったため、設立の手続きを長引かせる原因ともなっていました。
今回、「類似商号調査」が省略されることで、手続きが簡略化されるメリットは生じますが、

他社と同じ、あるいはよく似た商号を用いること自体、訴訟などのトラブルに発展する原因になりますので、手続きを行う側の任意による調査は必須
といえるでしょう。



「金融機関による払込金保管証明書」が不要(一部を除く)
代表者が作成する払込証明書と、当該の預金通帳(コピー)があれば良いことになりました。


株式会社の設立に必要な役員の人数が、「取締役3名以上、監査役1名以上」から「取締役1名以上」に改定
これにより、経営者自身が取締役となって、社員1人の株式会社を設立することも可能となります。


株式会社と有限会社を統合し、1つの会社類型(株式会社)とする
上記の各種規制緩和に伴い、株式会社における最低限の設立条件が、従来の有限会社並みに引き下げられたことによる措置です。これにより法制定以降、有限会社の新規設立ができなくなりました

既存の有限会社はどうなる?
法律上は株式会社でありながら、引き続き有限会社の商号を名乗ることができる「特例有限会社」へと自動的に移行されます。
通常の株式会社への移行も可能ですが、この場合は「特例有限会社の解散→株式会社への移行登記」という手続き上の段取りが必要となります。


合同会社(日本版LLC)を、新たな組織形態として制定
設立しやすくなった株式会社よりもさらに手続き上の手間、および経済的な負担が少なく済む形態として、有限会社に代わる形での普及が注目されています。




「多議決権株」の導入 経産省の企業価値研究会が提言

経済産業省の企業価値研究会は、1株に複数の議決権が付いた「多議決権株」など種類株を上場会社が発行するのを認めるよう、東京証券取引所に求める提言をまとめました。

創業者や従業員らが保有して安定株主になることで、長期的視点に立った企業経営を可能にするのが狙いです。

種類株とは!
種類株は会社法で、株主総会の特別決議を経ることで発行が認められています。
しかし東証の上場規則に阻まれ、事実上、これまでは発行できませんでした。
東証はこの提言を受け、来年3月にも上場規則を変更する見通しとなりそうです。

提言では「多議決権株」と「議決権のない株」の2種類の解禁を求めました。
一定期間ごとに、こうした種類株の存続を株主が判断するなどの条件を付けた上で、発行や上場を容認すると結論付けています。



日本の新会社法に基づき、「会社を設立する方法」について


「新会社法」による会社の設立までの流れ

新会社法のあらまし(新会社法と旧会社法の変更点とは!)

会社を設立するか、個人事業主のまま?どちらがお得?

「新会社法」での会社の種類について

合同会社を設立するには?

新会社法での「株主総会」とは?

「アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル」各ページへのリンク




知っておきたいアメリカでの会社設立のヒントと情報

⇒アメリカで会社を設立するメリット(利点)とは?
⇒アメリカに会社を設立するための知識
⇒日本企業のアメリカ進出について
⇒アメリカへの事業進出のためのヒントとは
⇒小資本で会社を設立する方法について
⇒設立後の会社運営について
⇒アメリカの会社設立の税法について


アメリカでの会社設立の手順と流れ

⇒アメリカへの会社設立の流れ
⇒事業形態をどうするか?
⇒会社の設立州の選び方
⇒事業計画書の作成方法について
⇒設立する会社の仕組みについて
⇒アメリカの州別会社設立情報


日本での法人格の取得方法について

⇒日本での法人格の取得方法について
⇒外国会社の日本登記方法


アメリカに設立した会社を閉じる方法について

⇒アメリカに設立した会社を閉鎖する方法について

日本の新会社法について

⇒日本の新会社法についての情報

Design by http://f-tpl.com
Copyright(c) アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル. All Rights Reserved.