米国法人設立の税法について

アメリカでの株式会社(現地法人)設立

デラウェア州のフランチャイズ税制について

デラウェア州のフランチャイズ税制

コーポレーションの最低税額は$75
LLC・パートナーシップの税額は一律$250になります。

コーポレーションは次の計算方法の少ないほうの税額が適用されます。

目授権資本株式数を基準とする方法

 授権資本株式数        税額
5,000株以下       $75
5,001~10,000株  $150
10,001株以上      10,000株ごとに$75追加

目資本金額を基準とする方法

みなし額面資本金額   税額
$100万以下 $250
$100万以上 $100万ごとに$250追加

株式会社設立における州税、地方税

州税、地方税には、

州所得税
売上税
固定資産税
雇用保険税


があります。

州所得税は、その州での源泉所得に課税されます。
なのでビジネスを行っている全ての州で納税義務が発生するわけですね。

売上税は、大多数の州で、物品を小売したときにだけ発生します。(ハワイ州を除く)
物品の小売とは、物品を最終消費者に販売すること。
課税対象の物品にはサービスや不動産は含まれません。(一部の州を除く)

また、州外への販売には課税されないのが特徴です。
売上税は物品を販売した業者が購入者より徴収し、州当局に収める必要があります。
(日本の消費税のようなカタチ)

固定資産税は、多くの州では、カウンティー(郡)が課税を行います。
税率はおよそ、固定資産評価額の1%から1.5%が標準です。

しかし、所得税、売上税がない州も存在します。

オレゴン州では、売上税がありません。
ネバダ州では、州所得税がありません。

他にも、CityTaxなどが必要な州もあります。



晴れ連邦税と州税

連邦国家であるアメリカでの税法の体系は

連邦税
州税

の二つから形成されています。

連邦税には、

所得税
法人税
社会保険税(年金)
老人保健税(Medicare)

があります。
所得税の最高税率は、38.6%です。(変動の可能性あり)
社会保険税は、12.4%で負担は労使折半が原則です。
通常、社会保険税を8年間納付すれば、年金の受給権が発生します。


「アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル」各ページへのリンク


知っておきたいアメリカでの会社設立のヒントと情報

アメリカで会社を設立するメリット(利点)とは?
アメリカに会社を設立するための知識
日本企業のアメリカ進出について
アメリカへの事業進出のためのヒントとは
小資本で会社を設立する方法について
設立後の会社運営について
アメリカの会社設立の税法について


アメリカでの会社設立の手順と流れ

アメリカへの会社設立の流れ
事業形態をどうするか?
会社の設立州の選び方
事業計画書の作成方法について
設立する会社の仕組みについて
アメリカの州別会社設立情報


日本での法人格の取得方法について

日本での法人格の取得方法について
外国会社の日本登記方法


アメリカに設立した会社を閉じる方法について

アメリカに設立した会社を閉鎖する方法について

日本の新会社法について

日本の新会社法についての情報

Design by http://f-tpl.com
Copyright(c) アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル. All Rights Reserved.